食育アドバイザーについて調べよう!

食育アドバイザーについて調べよう!

わたしには保育士の姉がいます。

そんな姉がある日、「食育アドバイザーについて調べて」と言ってきたのです。

あまりにも唐突、かつ聞き慣れない単語にぽかんとしていたわたしは、「何それ?」と聞き返しました。

すると、「よく知らないから調べてって言ってるの」と、傍若無人な言葉で返してくるのです。

理由を聞くに、その「食育アドバイザー」の資格を取ると、保育士を続けていく上で色々と有利になると聞いたそうなのです。

そこで、インターネットによる調査を得意とするわたしに、詳細を調べろ、と言ってきたわけなのです。

わたしは、昔から姉に助けられてきたこともあり、彼女に対して頭が上がりません。

拒否することはできないのです。

いやはや、弟という立場もつらいものです。

しかしまあ、姉が困っている姿を見るのも嫌なものです。

わたしは早速、調査に取りかかることを決めました。

食育アドバイザーとは何か。

そしてその資格はどんな場面で役立つのか。

姉のため、そして自身の後学のため、食育アドバイザーについて調べ始めました。

食育アドバイザーって何?

そもそも、「食育」とは何か。

それは、「心と体の健康の基礎となる、食生活についての教育」です。

では、食育アドバイザーとは何か。

端的に表現すると、「食に関するプロフェッショナル」です。

各個人の食生活について、アドバイスや教育を行うことのできる専門家のことを言うのです。

2005年に、「食育基本法」というものが施行され、全国的に不規則な食事、栄養の偏りなどが大きく問題視されるようになりました。

そこで、食育についての知識を持つ人材の需要が高まり、「食育アドバイザー」という資格が生まれたのです。

この資格を持つことで、色々な人の食生活について、適切なアドバイスを行うことができるようになります。

また就職でのアピールはもちろん、様々な現場でその知識を活かせるそうなのです。

食育アドバイザーとは

保育士である姉も、その資格をとることで、子どもやその親たちに食生活のアドバイスが行えるようになるため、非常に有用そうですね。

なるほど、食育アドバイザーという資格が、とてもホットなものであることがわかりました。

それでは、さらに掘り下げてみることにしましょう。